女性ファッション雑誌からメイクのヒントを得る

年齢を重ねてくると、自分の肌にあう化粧品も変わります。

やはり肌のタルミ、シミなども気になるのでカバー力が強いファンデーション、コンシーラーを使用するなど工夫も必要になりますし、保湿成分が高い化粧品なども十分、必要になってきます。

また、自分に似合うメイク方法も変化がでてきます。

メイクのヒントとして、やはり年齢にあった女性雑誌など参考になりますね。

どうしてもタルミがでてくる時期ですし、化粧方法も変化が必要になります。

自分で目尻が下がってきたと気になる場合、例えば、アイラインを少し上向きに入れたり、大きめのアイライナーで太く書くなど工夫してみるだけで顔の印象は大きく違いがでてきます。

口元のタルミが気になる場合にも、女性ファッション雑誌などで自分に似合うメイクのヒントをチェックして取入れると化粧するのも楽しくなります。

女性としていつまでも美しくありたい。化粧を楽しみたいと思う気持ち、女心はとても重要なので、こうした気持ちを大事にしていくことは重要になります。

アイシャドーも明るい色ですと目元だけ浮いて顔の馴染まないこともありますし、

自分が似合うカラーをチェックする事も重要ですね。

年齢相応のファッション雑誌を見ますとファッションに合わせ化粧方法を紹介していますし、悩みに応じてベースメイク方法から具体的に記載されているので色々と参考になることが多々あります。

チークで上手にシャドーを入れてみるだけで、顔のメルハリができ、印象が違ってきますので工夫してみるのも楽しいです。

何パターンか自分に似合うメイクのヒントをチェックしておくと、ファッションによってメイク方法を変えてみたり、顔が浮腫んでいる時はアイシャドーを変えてみるなど、工夫しながらメイクを楽しんでみるのは良いです。

自分にあうメイクパターンを何種類か見つけておくと、化粧する場合に楽ですので、色々と取入れてみて、工夫すると良いでしょう。ほうれい線も目立つようになると、若い頃のメイクではカバー出来なくなりますので、年齢にあった化粧を行う事は重要になります。

ファンデーションも何種類か持っておき、チョット色を変えてみるだけでメリハリがでることもあります。

こうした工夫が顔の印象を大きく変えるのでメイクって楽しくなります。

夏になるとブルーのアイシャドーを使用するのも良いですが、目の印象がきつくなる場合、アイラインをブルーに変えてみるだけで雰囲気が変わります。マスカラをブルーにしてみるのも良いですし、ちょっと普段使いと変えて楽しんでみるのも冒険する感じでとても効果があります。

年齢にあった化粧を行って、違和感ない自分にあった化粧方法が一番良いですね!

女性として化粧を楽しみたい。

年齢にあったお洒落を楽しんで行きたいとお思いになっている方は多いでしょうし、まずはファッション雑誌を購入して、自分に似合うメイクのヒントを得てみるのは良いでしょう。

似合うメイクをするためには「自分を理解すること」が大切です

makeメイクをするからには、自分に似合ったメイクをしたいもの。

そのために雑誌を見て研究したり、化粧品カウンターでBAさんに尋ねてみたり、さまざまな手段を試みている女性は多いことでしょう。

常に見られていることを意識している女性は、それだけでも輝かしく、美しいものです。

しかし似合うメイクについて、色々と研究や考察をする前に忘れてはいけないポイントがあります。

それは「自分の年齢に合ったメイクをする」ということ。

メイクを参考にした雑誌が、自分と大きくかけ離れた年代のものでは意味がありません。

例えば10代の女の子がミセス雑誌を参考にしていては、大変おかしなことになってしまいますね。

それと同じように、アラフォー世代が高校生用のメイクを目指していては、やはり違和感を覚えるものとなってしまうのです。

無理にでも若づくりがしたい、という方ならそれも結構なのですが、似合うメイクを求める方は止めたほうがいいと言えるでしょう。

美意識が高く、お手本となる芸能人のメイクを見ても同じことが言えます。

年齢に合ったメイクをしている女性は、同性からも憧れの対象として人気を得ていますね。

かえって若く見えてしまうほどです。

これはその人に似合ったメイクをしているという証拠。

年代が同じ方なら、ぜひ参考にしてくださいね。

それとは反対に、年齢に沿わないメイクをしている方は「無理をしている、イタい」などと言われてしまうことも。

それもその方の個性なのですが、一般的にはあまり参考になりませんね。

また、「自分の顔の造り、骨格を知っておく」ことも重要です。

それは同時に、自分の顔の長所と欠点を知っておく、ということでもあります。

理解しておけば、おのずと似合うメイクが分かってくるのです。

例えば丸い瞳がチャームポイントなら、そこを生かして可愛く仕上げるのがベスト。

大きめの輪郭が気になっているなら、シェーディングを施して小顔効果を期待することでしょう。

それは個性を生かして欠点を隠す、その人に似合うメイクだと言えるのです。

でも自分の顔って判断が難しい、年齢に合ったメイクができているのか不安…と思われることでしょう。

そんな時は「写真を撮ること」をおすすめします。

写真だと客観的に自分の顔を観察できますから、とても有効的だと言えますよ。

スマホで自撮りをしてもいいでしょう。

その際、無理に顔を作ってはいけません。

あくまでブログやSNS用ではなく、セルフチェック用に撮ったものを使ってくださいね。

自然な状態の顔写真は、長所も欠点も見つけやすいもの。

また、メイクを変えた時にも、この方法が大変おすすめです。

違和感がないか、チェックすることができますから。

この方法で客観的に観察ができ、似合ったメイクを導き出すことができますよ。

このように、メイクに変化を加えたり改善させる前に、自分の年齢と顔の造りをよく理解しておくことが大切なのです。

異性だけでなく、同性からも憧れられる、あなたに似合ったメイクを目指してくださいね。

ここから始める!30代メイク

■肌の変化に気づいていない30代

こんな経験はありませんか?

「じぶんにはこのファンデーションがぴったりのはずなのに、どうも最近合っていない気がする…」

「皮脂をおさえたくて、20代向けのアイテムを試してみたら、肌がカピカピ!」

「化粧直ししても毛穴もヨレもはっきりわかる…なんで?」

これらは、メイクが顔に合っていない証拠です。

いくら目力をアピールしたり、唇をチャームポイントにしたり、クール系だのキュート系だのと演出してみたところで、「土台(のメイク)」が「顔(肌)」と合っていないのでは台無しです。

年齢と共に肌はどんどん変わります。

色も使い心地も肌に合っている(気がする)と信じ、30代になっても20代と同じものを使い続けるのは禁物です。

化粧の基本はベースメイク。ここをきちんと攻略するだけで、じぶんの顔・肌に似合うメイクにぐんと近づけます。

■30代は、脱!「ファンデーション任せ」

肌は変化しています。みずみずしい20代のそれと違い、30代は色ムラや赤み、シミなど気になる箇所が少しずつ現れてくる世代。

カバー力を謳うファンデーションを妄信しても、結局ただの「厚塗り」に陥りがち。

また、夕方の化粧くずれも激しく、それをカバーするために上からファンデーションを重ね塗り…。

これらの問題をすべてファンデーションで解決すのは思い切って諦めましょう。

そこで、キーワードとなるのが「下地」です。

ステップ1:夕方重ね塗り防止策「下地づくり」

目的は、肌とファンデーションの密着力を高めること。

量は適当、日(紫外線)の当たりにくい場所は適当、塗るときは、鏡を見ずに適当、という「三大適当」で済ませている人も少なくないはず。ここは、ファンデーションと同等か、それより時間をかけるつもりで丁寧に塗りましょう。

コツは、

・量はパール一粒大程度。

・顎、首、デコルテも丁寧にのばす。

・額、目のまわり、鼻の両脇、口角(口をタテに開けると塗りやすい)は、鏡を見ながら塗り残しのないようにのばしていく。

ヨレやすい部分は「薄く」塗ることがポイント。ただし、紫外線が当たりやすい頬の高い部分のみ、ほんの少し重ねて塗ります。

また、色ムラや赤みには下地の代わりにコントロールカラーがおすすめです。

ステップ2:朝から厚塗り防止策「カバー」

下地は完成。でも、やっぱりこのシミやクマが気になる…。そんなときはコンシーラーで微調整。

ポイントは、シミよりひと回りかふた回りほど広めに塗ること。また、コンシーラーを叩き込むつもりでシミそのものを上からぽんぽん叩いては逆効果。浮き出てくるだけです。シミには触れず、シミの上からふわりとかぶせるようなイメージで周囲を肌となじませていきましょう。

ステップ3:姿見=他人の目線 をチェック!

シミや肌荒れ、色ムラなど細かい部分は手鏡でじっくり直視して確認。気になるのでこれでもかと必死でカバーしがちです。

しかし、通常他人はそこまで近づいてあなたの顔を見ることはありません。

姿見から一歩はなれた位置(他人が目の前に立つ程度の距離)から顔を見て、気になる部分が目立っていなければよしとしましょう。

それよりも、メイク前のマッサージや、下地づくりに時間をかける方が得策です。

 

同じやり方、同じアイテムでも今までとなんだかちがう…。

30代「じぶんに似合うメイク」は、基礎を見直し、肌と向き合うところから始まります。

流行に流されない自分に似合うアイメイク

eyemake女性が自分が似合うメイクを考える時

まず目にポイントがいきます。

 

女性の目は一重、奥二重、ぱっちり二重。大きい、小さい。など

だれ一人として同じ目をした人はいません。

ですので、
女性のアイメイクは顔の印象を決める大事なパーツの1つです。

自分の欠点を隠すためにするメイクなのか

それともその目を活かしたアイメイクをするのか

そういったことで、百人百通りのメイクの仕方があると思います。

アイシャドーについて

カラーによって印象ががらりと変わる部分ですね。

オンタイム、オフタイムによってカラーを使い分ける方も

いらっしゃると思います。

人には、パーソナルカラーというものがありますので

そういったものを取り入れるとより一層、自分らしい

アイカラーの使い方ができるのではないでしょうか?

流行のアイカラーを使うことも大事ですが

目の形によっては、野暮ったく見えてしまうので

自分に似合う、アイカラーを見つけて使用するといいと思います。

一重・奥二重の場合

アイシャドウの使い方を一歩、間違えるととんでもないことになります。

目尻側からまぶた中央に向けて、カラーをいれるといいですね。

あとはアイラインを分厚めに書いて

目をあけた時に、ラインが見える程度が好ましいと思います。

まつげに関しても、目尻側にながしてあげて切れ長の目にするといいと思います。

場合によっては、アイプチやアイテープなどを利用して

二重になってみるという方法もいいかもしれないですね。

二重の場合

女性なら誰もが憧れる二重、メイクが映えるのがいいところです。

アイシャドウを、2色使い、3色使いをすることで

立体的な目元をつくることが出来ると思います。

アイラインは適度な幅で書き、さりげないくらいがちょうどいいですね。

まつげは、ぱっちりした印象にしたい場合は少し束感のあるようにしたり

上品にしたい場合は、細かいコームなどで、しっかりブラッシングすることで

ふわっとしたまつげを作るといいと思います。

最後はアイブロウですが

流行にとらわれず、自分の顔にあったアイブロウの形を描くことで

美人に見えると思います。

一般的に言われるのは

口の端と目の中心の延長線上に眉山。

鼻の端と目の端の延長線上に眉尻。

それぞれの点をとると、バランスのとれたアイブロウになると言われています。

筆者も試してみましたが、テンプレート等使わずとも

書きやすく、さらには、オンタイムでも相手に気に入られる

メイクができたと思います。

太さのあるアイブロウなら、意志のしっかりした女性に

眉山を丸くとると、女性らしく柔らかい印象に

眉尻を少し短めにすると、幼さを感じられる印象に

と、自分のなりたい女性像に合わせてメイクをするものいいですね。

ただ、流行に流れたメイクをするよりも

自分に似合ったカラー、ラインの取り方をするだけで
顔の印象というのは変わるもの
です。

また、自分の顔のパーツの形を理解して

その形を活かすのか、隠すのかでアレンジも出来ます。

パーソナルカラーは最近、美容室などでも行っているようなので

ヘアスタイルを変えるときに、合わせてしてもらうといいですね。

メガネ女子初心者に贈るアイメイクの極意!

glassgirl学生時代からコンタクトレンズを使い続けて早十年。

年齢を重ねるごとにドライアイが気になり、コンタクトレンズとメガネを使い分けようと思い立ちました。

オシャレアイテムとしてメガネをかけることは時々ありましたが、あくまでもコンタクトレンズを使用した上での伊達眼鏡。

派手さをアピールしたものばかりでしたが、普段使いにするとなると派手すぎて使えませんでした。
シンプルで、でもオシャレなフレームのメガネをいくつか購入してみたのはいいのですが、ここで大きな問題が出てきました。

アイメイクです。

コンタクトレンズを着用している時はバッチリメイクをしていましたが、メガネをかけると、それだけで目元が強調されてしまうんですよね。

特にそこそこアピール性の高いフレームだと、それだけで色味が顔に入ってきてしまうのです。

今までのメイクがしっくりこない、でもどうすればいいのかわからない…。

そんなメガネ女子初心者の方へ、アイメイク必勝法を教えちゃいます!

まず、今回私が購入したフレームは全部で三つです。

黒縁、ピンクゴールド、カーキ。

どれも顔色の印象を悪くせず、かつ存在感をアピールする太さのフレームです。

特にお気に入りなのはピンクゴールドですが、これがけっこうくせ者でした。
これはどのフレームもそうなのですが、いずれも目元に色が入るので、手持ちのアイカラーとの相性があるんです。

黒縁はだいたい何でも合いますが、

ピンクゴールドの場合、うっすらピンクのアイメイクをすると、全体的にボヤっとしてしまうんです。いわゆる膨張色ですね。

どこまでがメイクで、どこまでがフレームなのか?

その点でいえば、カーキはアイメイクとぼやけたりしません。普段グリーン系のアイカラーを使う方は、もしかしたら相性が合わないかもしれませんが、ゴールド系やブラウン系であれば大丈夫です。

ピンクゴールドのフレームで試行錯誤した結果、こちらもブラウン系であれば膨張したり曖昧になりにくかったです。

さて、メガネを使用する点でもうひとつ気をつけなければならないことがあります。

それはずばり、まつ毛です。

エクステ効果のあるマスカラは要注意でした。
コンタクトレンズ着用時はとにかくまつ毛を伸ばそうと、繊維入りのマスカラを使用していました。

ですがメガネを使い始めた時に同じマスカラを使用したところ、レンズにあたって、とにかくくすぐったい!瞬きするたびに微妙な刺激があるんです。

つけまつげやまつ毛エクステも控えた方がいいでしょう…。

ここで私が出した結論です。

メガネ女子のアイメイクは薄くナチュラルに!!

そんな簡単なことなの?とガックリきてしまうかもしれませんが、これが意外と奥深いんですよ。

コンタクトレンズ着用時ではとてもメイクとはいえないような薄いメイクが、メガネと相性が良かったのです。

これは盲点でした。

もしメガネ初心者さんが自分の顔にしっくりこないときは、メガネのフレームではなく、アイメイクを見直してみてください。

自分史上最高に似合うメイクを導き出す方法

自分に似合うメイクをしたい、という願望を持つ女性は多いことでしょう。

でもそれが、どういったものなのか分からないと悩んではいませんか?

加えて、ポイントメイクの商品って、ついつい自分の好きな色ばかりを買ってしまいがち。

似合うかどうかは後回しになっている…なんて人も少なくないですよね。

そもそも似合うメイクとは、どのようなメイクを指すのでしょうか。

メイクをするからには、おおよその女性が「すっぴんより美人に見える」ことを望んでいるはず。

似合っている=個性が映えて美しく見える、ということではないでしょうか。

また常日頃のファッションも、メイクと関係性が高いもの。

服装はナチュラル系なのに、顔はギャルメイク…なんておかしいですよね。

これでは似合っているメイクとは言えません。

ファッションもまた、その人が持つ個性のひとつです。

全身とのトータルバランスが重要となってくるのです。

では、そのようにバランスのとれた、似合うメイクをするにはどうしたらいいのでしょう。

一番におすすめしたい方法が「第三者の意見を聞く」ということです。

美容に詳しい友人など、厳しくも的確に指示してくれる方がいればベストですね。

友人だとあなたの普段のファッションも理解していますし、心強い味方となります。

新しい色のメイクを試した時は「この色どう?」と尋ねてみてはいかがでしょうか。

ただし、必ず正直に答えてくれる人を選んでくださいね。

しかしそんな人が周囲にいない…という方は、化粧品カウンターや美容室のアドバイザーを頼りましょう。

美容のプロですから、あなたに合ったメイク法を教えてくれるはずですよ。

くれぐれもその時は、顔全体のメイクを聞くようにしてくださいね。

たとえ変化を加えたり購入したい商品がリップだけだとしても、そこだけでは効果が半減してしまいます。

チークやアイシャドーとのバランスも重要で、プロに聞ける時こそチャンスなのですから。

そしてファッションとのコーディネートも考え、普段のあなたらしいファッションで行くことが大切です。

ついつい気合いが入って着飾ってしまった…という時はアドバイザーに普段のファッションを伝えたうえで、似合うメイクを聞いてくださいね。

似合うメイクを追求したい時は、色々とコスメを買い漁りたくなるもの。

その時にも気をつけたいポイントがあります。

必ずテスターやサンプルを利用し、購入前に確かめることが必要なのです。

店頭で試す時は必ず鏡をチェックし、できれば第三者の意見を聞いてみましょう。

好きな色だからと試さず買ったけど似合わなかった…では意味がありません。

もったいないからと、そのまま使うこともご法度ですよ。

似合うメイクは、女性の魅力をより引き出してくれる魔法のようなもの。

メイクを変えることで「なんだか変わったね、最近あか抜けたね」なんて言われたら嬉しいですよね。

上記の方法を参考に色々試して、自分史上最高のメイクを目指しましょう!

自分に似合うメイクは自分に似合う色から考える

eyeskinmake自分にはどんなメイクが似合うのか、客観的に判断するのは簡単な事ではありません。

だからといって自分が良いと思ってしているメイクがもしも似合っていないのだとしたら、勿体無いと思いませんか?

メイクが似合っていないという事は、メイクの力が発揮されず、美しく見せるお手伝いをしてもらえていないという事です。つまり、似合うメイクをする事が出来ればもっともっと美しくなる事が可能なのです。客観的に自分のメイクの判断が難しいのであれば、自分に似合う色からヒントを貰って自分に似合うメイクを見つけてみましょう。

1、簡単に2種類のカラー判断で似合うアイメイクを考える

自分に似合う色を細かく分析する為にはパーソナルカラー診断で診断してもらう必要がありますが、もっと簡単に似合う色を知りたいのであれば、大きく2種類のカラーに分けてどちらが自分に似合うかを考えてみましょう。

2種類のカラーとは、黒と茶色の事で、主にアイカラー選びに役立てる事が出来ます。

化粧品を選ぶ時にアイブローやアイライナー、マスカラのカラーでは黒と茶色のカラー展開になっていますよね。

色を変える事で、黒ならば目を大きく見せ、茶色ならばナチュラルに印象が変わるというのも確かですが、

実際に黒が似合う人と茶色が似合う人はしっかり別れる為、アイメイクをする時も自分には黒が似合うのか、茶色が似合うのかで使い分けする必要があります。

目を大きく見せたい、目力を出したいからと茶色が似合う人が黒を使うと逆効果で、茶色が似合う人は茶色を使った方が目を大きく見せる事が可能です。つまりこれが自分に似合うメイクという事ですね。黒が似合う人が茶色を使うとナチュラルなイメージを作る事は出来ますが、目力があるという黒が似合う人ならではの良さを発揮する事が出来なくなってしまいます。

黒と茶色、自分にはどちらの色が似合うのかを大雑把に考えると、まず注目したいのが目の色です。遠目には皆黒に見えますが、近くで見ると茶色い人もいれば、黒いカラーコンタクトを入れたかのように黒々している人もいるはずです。目の色が黒か焦げ茶のように黒に近い茶色の人は、茶色よりも黒が似合う事が多いです。逆に目の色が茶色や黄土色のような色の人は、黒よりも茶色の方が似合います。

目の色に合わせてアイメイクで使うカラーを変える事で、グッと自分に似合うメイクに近付く事が出来るので、思い切ってカラーを変えてみましょう。

2、肌の色で似合うメイクの雰囲気が分かる

アイメイクの他に色で似合うメイクを探す方法として、肌の色から似合うメイクの雰囲気を知る事が出来ます。

基本的に黄色みのない色白さんの場合は、可愛らしく優しいイメージの雰囲気が良く似合うので、テーマカラーをパステルピンクにすると顔立ちをパッと華やかにする事が出来ます。パステルピンクは薄いカラーなので、メイクも薄く濃くならないようにした方が良く似合います。

黄色みのある肌の人や、小麦色さんには、明るく元気なイメージがピッタリです。テーマカラーをオレンジにすると血色を良く見せる効果があります。オレンジには濃いめのメイクもナチュラルなメイクも合うので、目の色から似合うのは黒か茶色かを判断して、黒ならば濃いめのメイク、茶色ならばナチュラルメイクに仕上げるのがおススメです。オレンジ以外にも茶色を使ってクールな雰囲気を作っても似合います。

自分に似合うカラーは分かりましたか?自分に似合う色を理解して、自分にはどんなメイクが似合うのか、新たなメイク方法を試してみてはいかがでしょうか。