自分に似合うメイクは自分に似合う色から考える

eyeskinmake自分にはどんなメイクが似合うのか、客観的に判断するのは簡単な事ではありません。

だからといって自分が良いと思ってしているメイクがもしも似合っていないのだとしたら、勿体無いと思いませんか?

メイクが似合っていないという事は、メイクの力が発揮されず、美しく見せるお手伝いをしてもらえていないという事です。つまり、似合うメイクをする事が出来ればもっともっと美しくなる事が可能なのです。客観的に自分のメイクの判断が難しいのであれば、自分に似合う色からヒントを貰って自分に似合うメイクを見つけてみましょう。

1、簡単に2種類のカラー判断で似合うアイメイクを考える

自分に似合う色を細かく分析する為にはパーソナルカラー診断で診断してもらう必要がありますが、もっと簡単に似合う色を知りたいのであれば、大きく2種類のカラーに分けてどちらが自分に似合うかを考えてみましょう。

2種類のカラーとは、黒と茶色の事で、主にアイカラー選びに役立てる事が出来ます。

化粧品を選ぶ時にアイブローやアイライナー、マスカラのカラーでは黒と茶色のカラー展開になっていますよね。

色を変える事で、黒ならば目を大きく見せ、茶色ならばナチュラルに印象が変わるというのも確かですが、

実際に黒が似合う人と茶色が似合う人はしっかり別れる為、アイメイクをする時も自分には黒が似合うのか、茶色が似合うのかで使い分けする必要があります。

目を大きく見せたい、目力を出したいからと茶色が似合う人が黒を使うと逆効果で、茶色が似合う人は茶色を使った方が目を大きく見せる事が可能です。つまりこれが自分に似合うメイクという事ですね。黒が似合う人が茶色を使うとナチュラルなイメージを作る事は出来ますが、目力があるという黒が似合う人ならではの良さを発揮する事が出来なくなってしまいます。

黒と茶色、自分にはどちらの色が似合うのかを大雑把に考えると、まず注目したいのが目の色です。遠目には皆黒に見えますが、近くで見ると茶色い人もいれば、黒いカラーコンタクトを入れたかのように黒々している人もいるはずです。目の色が黒か焦げ茶のように黒に近い茶色の人は、茶色よりも黒が似合う事が多いです。逆に目の色が茶色や黄土色のような色の人は、黒よりも茶色の方が似合います。

目の色に合わせてアイメイクで使うカラーを変える事で、グッと自分に似合うメイクに近付く事が出来るので、思い切ってカラーを変えてみましょう。

2、肌の色で似合うメイクの雰囲気が分かる

アイメイクの他に色で似合うメイクを探す方法として、肌の色から似合うメイクの雰囲気を知る事が出来ます。

基本的に黄色みのない色白さんの場合は、可愛らしく優しいイメージの雰囲気が良く似合うので、テーマカラーをパステルピンクにすると顔立ちをパッと華やかにする事が出来ます。パステルピンクは薄いカラーなので、メイクも薄く濃くならないようにした方が良く似合います。

黄色みのある肌の人や、小麦色さんには、明るく元気なイメージがピッタリです。テーマカラーをオレンジにすると血色を良く見せる効果があります。オレンジには濃いめのメイクもナチュラルなメイクも合うので、目の色から似合うのは黒か茶色かを判断して、黒ならば濃いめのメイク、茶色ならばナチュラルメイクに仕上げるのがおススメです。オレンジ以外にも茶色を使ってクールな雰囲気を作っても似合います。

自分に似合うカラーは分かりましたか?自分に似合う色を理解して、自分にはどんなメイクが似合うのか、新たなメイク方法を試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>