似合うメイクをするためには「自分を理解すること」が大切です

makeメイクをするからには、自分に似合ったメイクをしたいもの。

そのために雑誌を見て研究したり、化粧品カウンターでBAさんに尋ねてみたり、さまざまな手段を試みている女性は多いことでしょう。

常に見られていることを意識している女性は、それだけでも輝かしく、美しいものです。

しかし似合うメイクについて、色々と研究や考察をする前に忘れてはいけないポイントがあります。

それは「自分の年齢に合ったメイクをする」ということ。

メイクを参考にした雑誌が、自分と大きくかけ離れた年代のものでは意味がありません。

例えば10代の女の子がミセス雑誌を参考にしていては、大変おかしなことになってしまいますね。

それと同じように、アラフォー世代が高校生用のメイクを目指していては、やはり違和感を覚えるものとなってしまうのです。

無理にでも若づくりがしたい、という方ならそれも結構なのですが、似合うメイクを求める方は止めたほうがいいと言えるでしょう。

美意識が高く、お手本となる芸能人のメイクを見ても同じことが言えます。

年齢に合ったメイクをしている女性は、同性からも憧れの対象として人気を得ていますね。

かえって若く見えてしまうほどです。

これはその人に似合ったメイクをしているという証拠。

年代が同じ方なら、ぜひ参考にしてくださいね。

それとは反対に、年齢に沿わないメイクをしている方は「無理をしている、イタい」などと言われてしまうことも。

それもその方の個性なのですが、一般的にはあまり参考になりませんね。

また、「自分の顔の造り、骨格を知っておく」ことも重要です。

それは同時に、自分の顔の長所と欠点を知っておく、ということでもあります。

理解しておけば、おのずと似合うメイクが分かってくるのです。

例えば丸い瞳がチャームポイントなら、そこを生かして可愛く仕上げるのがベスト。

大きめの輪郭が気になっているなら、シェーディングを施して小顔効果を期待することでしょう。

それは個性を生かして欠点を隠す、その人に似合うメイクだと言えるのです。

でも自分の顔って判断が難しい、年齢に合ったメイクができているのか不安…と思われることでしょう。

そんな時は「写真を撮ること」をおすすめします。

写真だと客観的に自分の顔を観察できますから、とても有効的だと言えますよ。

スマホで自撮りをしてもいいでしょう。

その際、無理に顔を作ってはいけません。

あくまでブログやSNS用ではなく、セルフチェック用に撮ったものを使ってくださいね。

自然な状態の顔写真は、長所も欠点も見つけやすいもの。

また、メイクを変えた時にも、この方法が大変おすすめです。

違和感がないか、チェックすることができますから。

この方法で客観的に観察ができ、似合ったメイクを導き出すことができますよ。

このように、メイクに変化を加えたり改善させる前に、自分の年齢と顔の造りをよく理解しておくことが大切なのです。

異性だけでなく、同性からも憧れられる、あなたに似合ったメイクを目指してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>