流行に流されない自分に似合うアイメイク

eyemake女性が自分が似合うメイクを考える時

まず目にポイントがいきます。

 

女性の目は一重、奥二重、ぱっちり二重。大きい、小さい。など

だれ一人として同じ目をした人はいません。

ですので、
女性のアイメイクは顔の印象を決める大事なパーツの1つです。

自分の欠点を隠すためにするメイクなのか

それともその目を活かしたアイメイクをするのか

そういったことで、百人百通りのメイクの仕方があると思います。

アイシャドーについて

カラーによって印象ががらりと変わる部分ですね。

オンタイム、オフタイムによってカラーを使い分ける方も

いらっしゃると思います。

人には、パーソナルカラーというものがありますので

そういったものを取り入れるとより一層、自分らしい

アイカラーの使い方ができるのではないでしょうか?

流行のアイカラーを使うことも大事ですが

目の形によっては、野暮ったく見えてしまうので

自分に似合う、アイカラーを見つけて使用するといいと思います。

一重・奥二重の場合

アイシャドウの使い方を一歩、間違えるととんでもないことになります。

目尻側からまぶた中央に向けて、カラーをいれるといいですね。

あとはアイラインを分厚めに書いて

目をあけた時に、ラインが見える程度が好ましいと思います。

まつげに関しても、目尻側にながしてあげて切れ長の目にするといいと思います。

場合によっては、アイプチやアイテープなどを利用して

二重になってみるという方法もいいかもしれないですね。

二重の場合

女性なら誰もが憧れる二重、メイクが映えるのがいいところです。

アイシャドウを、2色使い、3色使いをすることで

立体的な目元をつくることが出来ると思います。

アイラインは適度な幅で書き、さりげないくらいがちょうどいいですね。

まつげは、ぱっちりした印象にしたい場合は少し束感のあるようにしたり

上品にしたい場合は、細かいコームなどで、しっかりブラッシングすることで

ふわっとしたまつげを作るといいと思います。

最後はアイブロウですが

流行にとらわれず、自分の顔にあったアイブロウの形を描くことで

美人に見えると思います。

一般的に言われるのは

口の端と目の中心の延長線上に眉山。

鼻の端と目の端の延長線上に眉尻。

それぞれの点をとると、バランスのとれたアイブロウになると言われています。

筆者も試してみましたが、テンプレート等使わずとも

書きやすく、さらには、オンタイムでも相手に気に入られる

メイクができたと思います。

太さのあるアイブロウなら、意志のしっかりした女性に

眉山を丸くとると、女性らしく柔らかい印象に

眉尻を少し短めにすると、幼さを感じられる印象に

と、自分のなりたい女性像に合わせてメイクをするものいいですね。

ただ、流行に流れたメイクをするよりも

自分に似合ったカラー、ラインの取り方をするだけで
顔の印象というのは変わるもの
です。

また、自分の顔のパーツの形を理解して

その形を活かすのか、隠すのかでアレンジも出来ます。

パーソナルカラーは最近、美容室などでも行っているようなので

ヘアスタイルを変えるときに、合わせてしてもらうといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>