「パーソナルメイク」で自分の魅力を最大限に引き出すためには

テレビや雑誌に出ている美人タレントさんを参考にしてメイクの仕方を決めている女性は少なくありません。しかし、実際にやってみても、周りの評判はあまり芳しくないのが実情ではないでしょうか。

メイクで大切なことは、自分の目鼻立ちに合わせてチークやアイシャドウを入れることです。

顔の輪郭やパーツのバランスが自分とはまるで異なるタレントさんのメイクを真似しても、

それが自分に似合うとは限りません。

今すぐ使える化粧のテクニック〔http://www.engcourage.com/〕のような小細工に走ってもうまくいかないのが目に見えています。

自分の顔立ちをしっかり把握して、自分独自の「パーソナルメイク」を研究しましょう。personalmake

人の顔の形は、「丸型」、「卵型」、「面長型」、「三角形型」、「四角形型」などに分類されます。まずは鏡に映る自分の顔をじっくり観察してみてください。そして、自分の目・眉・鼻・唇などのパーツが顔全体の中でどのように配置されているかチェックしましょう。メイクの鉄則は、顔の「スペース」を上手に活かすこと。広すぎると感じる部位には暗めの色を入れて引き締め、狭すぎると感じる部位には明るい色を入れて強調するテクニックが欠かせません。あなたの顔はどのタイプに該当するでしょうか。

丸みを帯びた丸顔の場合、顔の横幅が若干広く見えてしまう傾向にあります。おでこから鼻筋にかけてのTゾーンにハイライトを入れて、縦のラインを強調しましょう。また、

リップやチークの色を強調すると、丸顔ならではの柔和でかわいらしい印象を高めることができて効果的です。

卵型の場合、美しいフェイスラインを活かして立体感のあるメイクを施すことが大切。頬から顎にかけての部分にローライトを、反対に眉間から鼻にかけての部分にハイライトを入れると、顔の印象をシャープに仕上げることができます。

面長型の場合、顔が極端に縦に長く見えてしまうため、横幅を強調する必要があります。目の周り、頬骨、こめかみから顎全体にかけてのラインに暗めの色を広く入れて、顔が丸みを帯びて見えるように工夫すると良いでしょう。

三角形型の場合、おでこが広く見えてしまいがちなので、顔の下部を印象付けると効果的です。チークを広めに入れ、リップに明るい色を加えましょう。あごのラインにハイライトを入れるのもお勧めです。

四角形型の場合、エラが張って見えるのが厄介です。頬から顎にかけての部分に濃いめのローライトシャドウを入れ、

反対にアイラインやチークに明るい色を加えると良いでしょう。マスカラを活用して目力を強調するのもグッドです。

このように、顔のタイプやパーツのバランスによって様々なパーソナルメイクのパターンがあります。鏡を見ても自分がどのタイプかよく分からないという方は、スマートフォンで利用できる顔診断アプリを利用してみてはいかがでしょうか。指示に従って自分の顔を撮影するだけで、自分の顔の特徴を細かくチェックすることができます。

より専門的なテクニックを習得したい場合は、近くの化粧品店に足を運んでプロのメイクさんにレクチャーしてもらうという手もあります。有料の所もありますが
自分に最適なメイクのポイントを確実に把握できるのは大きな魅力
です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>